頭蓋底外科医中冨の治療実績

聴神経腫瘍;総執刀数;120
2005年よりの78例
の治療成績

顔面神経機能成績

顔面神経
解剖学的温存率;100%
機能的温存率(House & Brackmann grade
1-2;総合 96%
)

腫瘍サイズとの相関
2005年度30症例; 93.3%
内耳道から5mm未満;100% (4症例)
5mm以上15mm未満;100% (4症例)
15mm以上30mm未満;93% (14症例)
30mm以上;87% (8症例)

2006年度20症例; 95%
内耳道から5mm未満;100% (3症例)
5mm以上15mm未満;90% (9症例)
15mm以上30mm未満;100% (2症例)
30mm以上;100% (5症例)

2007年度28症例; 96%
内耳道から5mm未満;100% (5症例)
5mm以上15mm未満;100% (4症例)
15mm以上30mm未満;100% (10症例)
30mm以上;88% (9症例), 1例で遅発性の麻痺が
出現するも回復中。
*2007年度は、直後から顔面神経麻痺なしの状態が93-96%の方で安全に達成できるようになりました



聴力温存成績

有効聴力;純音聴力平均;50db以下で語音明瞭度検査正解率;50%以上
有効聴力温存率; 総合 68%


腫瘍サイズとの相関
2005年度30症例; 64%
内耳道から5mm未満;50% (2症例)
5mm以上15mm未満;67% (3症例)

15mm以上30mm未満;67% (9症例)

30mm以上;67% (3症例)


2006年度11症例; 64%
内耳道から5mm未満;100% (2症例)
5mm以上15mm未満;50% (6症例)
15mm以上30mm未満;100% (1症例)
30mm以上;50% (2症例)

2007年度13症例; 83%
内耳道から5mm未満;75% (4症例)
5mm以上15mm未満;100% (3症例)
15mm以上30mm未満;80% (5症例)
30mm以上;100% (1症例)

*2007年度は、有効聴力維持、聴力変化なしの治療がより確実となりました。

腫瘍摘出率成績

腫瘍切除率
3cm未満; 総合 99%, 3cm以上; 総合 87%

2005年度30症例
内耳道から5mm未満;100% (4症例)
5mm以上15mm未満;100% (4症例)
15mm以上30mm未満;94% (14症例)
30mm以上;83% (8症例)

2006年度20症例
内耳道から5mm未満;100% (3症例)
5mm以上15mm未満;98% (10症例)
15mm以上30mm未満;100% (2症例)
30mm以上;84% (5症例)

2007年度28症例; 総合摘出率; 97%
内耳道から5mm未満;99% (5症例)
5mm以上15mm未満;99% (4症例)
15mm以上30mm未満;98% (10症例)
30mm以上;95% (9症例)
*2007年度はあらゆる大きさの腫瘍の摘出率が確実に向上しております


副作用はあるのか,またその副作用に対する再建治療について

聴力低下と聴覚再生再建術

聴力の一時的な低下が最も多い副作用です。手術後に高周波数域の難聴をきたすことがありますが,我々のプロトコルでは、多くの例で4から6カ月をかけて回復してくることが分かっています。手術の副作用がもっと強い場合には低周波数域と高周波数域の両者の難聴を示します。高周波数域の難聴は回復傾向を示しますが、低周波数域の難聴はやや回復が遅い傾向があります。万が一聴神経を切断した場合には,永久的な聴覚喪失となります。大型の腫瘍ではこの特に術前にさまざまな種類の聴覚障害;内耳性,聴神経性,蝸牛神経核性の中枢性難聴を生じえます。さらに術後にどのようなサブタイプの難聴を患われているかに応じて,聴覚再建外科療法が存在しています。人工内耳,骨伝導型補聴器BAHA (bone-anchored hearing aid)、聴性脳幹インプラントのいずれかを用いることが可能です。いずれも多くの治療経験とノウハウを必要としますが、
虎ノ門病院聴覚センターにて実績を作り、現在は東京大学医学部付属病院脳神経外科にて最先端の治療を行い、この領域において国内髄一の症例数と治療実績を誇っております。まずはご相談ください。

顔面神経麻痺と顔面神経再建術

神経繊維束のむくみや断裂によって顔面筋肉のコントロールが失われることです。手術後の顔面神経麻痺は,腫瘍サイズと直接的な関係があり,腫瘍サイズが大きくなればなるほどそのリスクが高くなりますが、この2年半は、ほとんど術後の明らかな顔面神経麻痺を経験しておりません。(2006年5月の麻痺を来たした1症例も現在回復。術前にすでに麻痺を来たしている方はその状態を維持または回復中。)

目眩,ふらつきかんと平衡機能障害

これらの症状は通常腫瘍摘出とともに治癒します。しかし内耳三半規管が摘出される経迷路法では,反対側の内耳が平衡感覚を代償するまでの1カ月から4か月間ふらつきかんが起こることがあります。平衡感覚の代償反応は、決して100%とは言えません。特に暗闇の中や,疲れが溜まっているとき、急に体の位置を変えたときなどに自律神経バランスが追いつかず,ふらつきが強まることがあります。
髄液漏

髄液漏とは,脳脊髄液が脳の周りから皮膚の外に漏れ出てくることです。これは通常特に前のめりになったときに強く出てくる髄液鼻ろうとして起りやすく、多くの場合一過性で自然に治癒することが多いです。もしも自然治癒が難しい場合は,腰椎ドレナージを腰から挿入して数日間管理するか,髄液漏閉鎖のための手術が必要のことがあります。(2/105)


頭痛

頭痛が最も直後からありふれた副作用ですが,通常2週間で収まります。大型の腫瘍であった場合と,後頭蓋窩法による手術の場合に頭痛が強く出やすいことが知られています。

当ホームページでは皆様のご相談にメールでお答えしております。  
プライオリテーコンサルト(最も重要な事柄は何かを知ることができます)

 ホームへ  次へ